11年の時を経て模型で蘇ったきのくにシーサイド - 大阪亀屋へようこそ
FC2ブログ

11年の時を経て模型で蘇ったきのくにシーサイド

こんにちは、つくり人です。

久しぶりに客車模型を買いました。2007年に惜しまれながら引退・廃車になった「きのくにシーサイド」です。

11年の時を経て模型で蘇りました。

実は私、本形式の改造製作をしようと種車を用意していたのですが、TOMIXからロコも含めて模型化されましたので、この種車は別の用途に使おうと思っていますw。
2018100275.jpg

さて、先般仮立ち合い検査を終えた新コントローラー(筐体3号機)です。
2018100271.jpg

最大の問題点だった転車台ユニットとコントローラーとの連係動作のミスマッチは解消され、極めて安定に動作する様になりました。

ただ、今度は写真のキハ40ノスタルジーのモーターの経年劣化やバラツキが新たな課題として持ち上がりました。
2018100272.jpg

この他にもポイント軌道回路の接触不良による列車のしゃくりやこれによる脱線トラブルがそろそろ出てきました。

写真の様にポイント軌道回路は基板を外して接触部分の汚れを除去したり、接触子バネの圧を調整すればそのトラブルを解消する事が出来るので、出来るだけこうしたリユースで対応します。
2018100274.jpg

また、レイアウトに使用しているKATOの転車台の出口レールはジョイントの接触面積が極めて小さく、転車台から出線した途端止まってしまうトラブルが見られる様になったので、定期メンテナンスにおいては転車台ユニットの電気接点とともに接続レールやジョイントの接触部分を点検清掃します。
2018100273.jpg

鉄道模型の店・亀屋は、明日3日より通常営業を再開します。

当店では今月中旬に開催される第43回日本鉄道模型ショウ2018(於大田区産業プラザPIO)に出店します。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント