FC2ブログ

鉄道広場を訪問しました。

ミニ旅行記
11 /20 2015
こんにちは、つくり人です。

鉄道技術展見学の翌日は、お得意先様のご好意により同社の「鉄道広場」を見学しました。

ここには、D51947号都電175号が静態保存され、定期的に展示会を行っています。

1971年9月、苫小牧-苗場の貨物運用を以って引退したD51947号の雄姿です。蛮勇社のビデオで紹介されいました。
D51947号の雄姿です。

ヘッドライト2灯、スノープローのついた北海道仕様です。晩年は鷲別機関区に所属していました。
北海道タイプです。

次は都電175号を見学しました。本車は、当時の荒川線で活躍していました。
都電175号を見学しました。

ここへ運ばれてきた当時は、隣の川崎重工(現ジェイ・バス宇都宮事業所)で補修工事を受けましたが、近年現役当時のままの姿を再現すべく、外装は勿論の事、座席のモケットの色を再現し、床は昔日のフローリングに、一旦ペイントされた鎧戸も当時のニス塗りに戻すなど本格的なレストアを施しました。

京急デハ268号を静態保存しているホビーセンターカトー東京店の方がレストア状態を見に来られたとの事でした。引退当時のままに再現されています。

さて、南海1201形ですが、小パーツの個別塗装を行いました。これより最終組み立てに入ります。
南海1201形の小パーツ塗装を行いました。

鉄道模型の店・亀屋は、明日(21日)も
平常ダイヤで営業いたします。

3連休期間中は、レンタルレイアウトの混雑が予想されます。
事前にレイアウトカレンダーを確認されることをお勧めいたします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

亀屋 店員一同

大阪日本橋の鉄道模型の専門店です。
レイアウト、中古・委託販売を行っております。
ぜひご来店ください。
ネットでの買取、販売は通販ページをご利用ください。