FC2ブログ

庄龍室内灯の中抜き改造。

制作記
01 /26 2015
こんばんは、つくりびとです。

今日はカメラの調子が悪く「はまなすカーペットカー」の製作進捗がお伝えできず、誠に申し訳ありません。

現在、帯マスキング中ですので、金曜日には製作完了を含めてお伝えできると思います。

さて、湯郷イベントで使用予定の南海ズームカーの電装についてご紹介します。

今回電装改造したのは合計8両です。いずれの先頭車はヘッド・テールライト点灯仕様になっており、全ての車両は室内灯が点灯します。

先頭車の内、中間連結に使われる車両は写真の様にスイッチでヘッド・テールライトの点灯するしないを制御できます。
ヘッド・テールライトのみのOn-Offスイッチの取り付け。

庄龍の室内灯は、ドロップ抵抗を使わないため、配線は大変に楽です。ただしエレメント数が多過ぎると異常に明るくなるため、1両4エレメント程度になる様中抜き改造をする必要があります。
室内灯中抜き配線の様子。

エレメント間の配線長に余裕を持たせて、屋根裏のパーツ突起を避ける様にして室内灯本体を実装します。

既に紹介されていることと思いますが、色の違うエレメントをつなげることにより、食堂車の客席とギャレイ、グリーン車室内と車掌室など色のアクセントが変えられます。
室内灯の実装の様子。

鉄道模型の店 亀屋は、明日(27日)火曜日は定休日につきお休みをいただきます。

また、1月30日(金)から2月1日(日)までは、湯郷温泉のイベントにより臨時休業いたします。
もしお時間等がよろしければ、湯郷温泉おもちゃ館までお越しください。
今回ご紹介した南海ズームカーが見られますw。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

亀屋 店員一同

大阪日本橋の鉄道模型の専門店です。
レイアウト、中古・委託販売を行っております。
ぜひご来店ください。
ネットでの買取、販売は通販ページをご利用ください。